心臓発作の数週間前に現れる症状

Noor Health Life

人体は心臓発作の約1か月前またはその前に警告を発し始めます

人体は心臓発作の約1か月前、さらにはその前に警告を発し始めます。あなたがする必要があるのは、これらの兆候や症状を理解することだけです。健康意識を高めることが役立つので、心配する必要はありません。

数週間前に心臓に現れ始めた症状のいくつかを見てみましょう。

倦怠感

これは、心臓発作を起こした女性の70%に数週間前に現れた症状であり、心臓発作による異常な身体的疲労を示しており、男性と女性の両方に見られます。 この倦怠感が身体的または精神的活動の結果ではなく、一日の終わりに増加する場合は、対処する必要があります。

胃痛

心臓発作の50%の場合、この症状は少し前に現れます。腹痛、吐き気、腹部膨満、または動きが一般的な症状の一部です。はい、その後快適になり始めますが、しばらくすると元に戻ります。

不眠症

この症状は男性よりも女性に多く見られますが、医療専門家はこの症状が心臓発作や脳卒中のリスクの増加を示していると考えています。 夜眠れない状態で、重度の精神的落ち着きのなさやぼんやりを経験した場合、それは心配になる可能性があります。

呼吸困難

この症状が発生するケースの40%、つまり呼吸困難や深呼吸が不可能であるという感覚は、心臓発作の6か月前でも男性と女性によく発生し、通常は警告サインです。医師に相談する必要があります。

抜け毛

急速な脱毛も心臓病の明らかな兆候であり、50歳以上の男性によく見られますが、一部の女性にもよく見られます。

不整脈

不整脈は、特に女性では、パニック発作や不安発作を伴うことがよくあります。 急速な心拍が1〜2分間続き、減速しない場合は、心拍数の低下による倦怠感や倦怠感は、医師に相談する必要があることを示しています。

過度の発汗

異常または過度の発汗は、心臓発作の早期警告サインでもあり、昼夜を問わずいつでも発生する可能性があります。 この症状は女性によく見られますが、無視されます。 ただし、インフルエンザのような症状、肌のべたつき、天気の良い日でも発汗を伴う場合は、警告サインになる可能性があります。

胸痛

胸痛は、男性と女性の両方でさまざまな強度と方法で発生します。 この症状は男性の最も重要な初期症状の1つであり、無視してはなりませんが、女性の症例の30%で発生します。 胸痛が片手または両手(多くの場合左手)、下顎、腎臓、肩、または胃に重度の不満の形で広がる場合は、医師に相談する必要があります。 詳細については、NoorHealthLifeにお問い合わせください。 noormedlife@gmail.com

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s